因島商工会議所 : 会員紹介 : 杉野建設

HOME > 会員紹介 > 杉野建設

杉野建設
杉野 匡伸さん

No.57 2015年12月

sugino1.jpg

新築・リフォームのことならお任せください       

sugino0.jpg

 仕事内容について教えてください

 新築工事、増改築、リフォームなどの大工工事業をしています。一般住宅や店舗、事務所など建物のことならなんでも引き受けます。平成14年、31歳の時に開業して、社名を杉野建設に決めました。親しみのもてるロゴとして、当時5歳の長男に描かせた「すぎのけんせつ」の文字と父母の絵を名刺や看板に使っています。

このお仕事で心掛けていることは?

 依頼があったら、早めに現場に伺ってお客さんの要望を聞かせてもらいます。使い勝手の良い住みやすい家になるようにこちらも提案していき、満足していただける家づくりを目指しています。仕事は段取りよく進むよう心掛けて丁寧にひとつひとつ行います。展示会や講習会にも出向き、情報収集をしたり、新商品の説明を受けたりして、家づくりに役立てています。

ご自身について教えてください

 因島重井町で生まれ育ちました。高校で機械科を専攻し、卒業後は東広島にあるマツダの自動車部品製造会社で3年半程勤めました。因島へ帰省してからは重井町の工務店で9年間建築工事の仕事に従事しました。その後、杉野建設として独立開業しました。両親がやっていたわけでもなく、なんの地盤もない状態で不安も大きかったのですが家族の一押しで始めました。決心してやり始めた仕事は楽しい半面、その分苦労することもそれだけあります。最初は重井の知人からの依頼ぐらいでしたが、徐々に口コミで広がり今では忙しくさせてもらっています。

趣味など…

 今はサッカーの指導をすることですね。小学校の頃からずっとサッカーをしていて、広島県社会人一部リーグでゴールキーパーをしていました。引退後、15年前から因島クラブジュニアユース〈中学生の部〉、7年前から因島クラブジュニア〈小学生〉のコーチをしています。指導することの難しさを感じる一方、子どもの成長する姿をみることがやりがいになっています。また、同じ志しを持った仲間のコーチ達がいることで今まで続けてこれています。ほぼ休みの日は遠征試合の引率に行っています。息子3人もサッカーをしていますが、4月から高校生になる長男はサッカーを引退して陸上の長距離を頑張るというので、そちらも応援することがこれからの楽しみのひとつになりそうです。
 料理も好きでよくします。キッチンに立つのは嫌いじゃないので、よく大勢で食べられるようなパスタ、鉄板焼き、バーベキューなどをしておもてなしします。皆でわいわいお酒を飲むのが好きで、自分が作った料理をおいしく食べてもらえたらうれしいので、居酒屋を始めたら楽しいかもと思ったこともあります。

因島について・・

 住みやすくて、都会が苦手な自分にはあっています。以前勤めていた会社は寮も山の中だったので、因島に帰省して海を眺めると、改めていいところだなぁと感じました。結婚後は土生に10年住んでいましたが、仕事が重井中心だったこともあり、5年前重井に自宅を新築しました。自分たち家族が住みたい家をイメージしながら、自然素材をふんだんに使うことでリラックスでき、吹き抜けで光と風を感じることのできる明るくやさしい家を作りました。いつでもサッカーの練習ができるように、庭一面に芝生を植えています。

今後の抱負は?

 時間に余裕がとれるようになったら、ナチュラル&レトロな 木工雑貨、家具などを作ったり、ワークショップを行えたらいいですね。 今まで、たくさんの人に支えてもらいながらここまでやってきました。 そのことに感謝しながら、これからも前進あるのみ!! 仕事でもプライベートでもひとつひとつの出会いを大切にし、「信頼される男」「頼りになる男」を目指します。

■事業内容
大工工事業

LinkIcon「杉野建設」企業概要の詳細はこちら!

会員インタビュー   所報INNOSHIMA   2015年12月号