因島商工会議所 : 会員紹介 : 河上電業

HOME > 会員紹介 > 河上電業

有限会社河上電業
(取締役社長)河上 光男さん

No.16 2008年10月号

P1010952.JPG

~電気は大事なライフライン~

仕事内容について教えてください

 新築・改装等の電気の配線や、エアコン・照明器具の取付け等の電気の工事を行っています。夏場はエアコン等の使いすぎで、電気の容量が小さいとブレーカーが落ちてしまうんですが、電気の容量を大きくしたりしています。因島地域、生名、弓削、岩城での仕事が主です。一般のお客さんから直接電話があったり、地元の大工さんからの仕事が多いです。

このお仕事の魅力とはどんなところですか?

 毎日いろんなところを回って、パターンも違いますし変化に富んでいるところです。家一軒建てるのにもいろんな業者の方が入っていて、協力し合ってやっていかないとできないことです。自分たちは毎日やっている仕事でもお客さんからしたら高い買い物なので、お客さんと話しながらなるべくいいようにしてあげたいです。完成したときにお客さんに喜んでもらえたときが一番うれしいですね。

大変なことはありますか??

 なかなかその日にというお客さんの要望に答えれないことですね。現場を行き来しているので、スケジュールを調整するのが難しいです。その日によりますが1日に何件も回ります。新築だと大きさにもよりますが3、4ヵ月かかります。お客さんの要望を聞いて図面を書くのですが、電気の配線やコンセントの位置などは結構重要なんです。ここにあったらいいなと思っていてもタンスなど移動すれば隠れてしまって使えないとか結構難しいんです。住んで使いだして初めてわかるものです。今では何をするにしても電気が必要。一つ一つも電化製品もだんだん容量が大きくなり、コンセントの数も必要ですがブレーカーの容量も大きくないといけません。

ご自身について教えて下さい

 家を継ぐことは子供のころから考えていたので、高校卒業後は東京の電気関係の専門学校へ行きました。そのまま東京で電気関係の仕事をして、6年都会で生活をしました。因島に帰ってからはずっと家を手伝い、父親がまだ元気で仕事していたころは40歳まで青年会議所に入って活動していました。その頃はできる仕事だけをしていたらよかったのですが、昨年父親が亡くなって代表者となった今は全体の流れを把握しておかないといけないので、現場・事務処理まで全てやっているので大変です。日曜日は休みにしているのですが、平日は現場に出て仕事をしているので、事務などはどうしても日曜日にやることになりますね。自分の時間はあまりありません。でも毎日が変化に富んでいて楽しいですよ。

趣味など・・

 スポーツは好きで昔は野球とかソフトボールとかチームに入っていろいろやっていましたが、今もやっているのはゴルフだけになっています。なかなか時間がとれなくなって自然とやらなくなりました。今は趣味を持つ時間がないので、仕事が趣味になっているのかもしれません。もっと年をとって定年になったらゆっくり国内旅行に出かけたいな、という思いはあるんですが実現できるでしょうか。

因島について

 因島は大好きです。自分たちは住んでいてもわからないけど、島外から来た人達には風光明美でいいところと言われるのですが、それを活かしきれてなくてもったいない。これから高齢者がどんどん増えていくので、高齢者にやさしい島としてがんばっていったら違う道も開けるんじゃないかなと思います。

今後の抱負とは?

 仕事を通して地域発展に貢献できたらいいなと思います。そのためには人と人との触れ合いを大事にし、奉仕の精神を持ってライオンズクラブの活動もがんばっていこうと思います。

最後にお友達を紹介して頂けますか?

 一緒にゴルフをやっている(有)ナイスウエアの村上公俊さんを紹介します。明るく元気で、ライオンズクラブでも活動的にがんばっています。

■河上電業 の会社概要・お問い合わせはこちら!

会員インタビュー   所報INNOSHIMA