因島商工会議所 : 会員紹介 : ITMツーリスト

HOME > 会員紹介 > ITMツーリスト

ITMツーリスト
(代表取締役)松浦 真博(政浩)さん

No.14 2008年6月号

IMG_2348.jpg

~なくてはならない会社に~

仕事内容について教えてください

 皆さんの旅行のお世話をさせていただいてます。お客様の行きたいところをご紹介して、旅行のお世話をするのが我々の仕事です。JTB・近畿日本ツーリスト・日本旅行・ 全日空・JALなどの取扱をしています。経営はもちろんなんですが、添乗にも行きますし毎日同じことをしているわけではありません。島嶼部ではここにしかないJRの発券機も設置していますので、その場で旅券が発行できます。

このお仕事の魅力とはどんなところですか?

 それはお客さんが帰ってきて喜んでくれるのが一番の魅力ですよね。「行ってきてよかったぁ」と言ってもらうためにやっているようなものです。1年の内の3分の1程度は添乗に行っています。南極北極以外はほとんど世界各国に行きました。それぞれにいいところがあってどこが一番よかったかと聞かれても困るのですが、個人的にはオーストラリアが好きです。もちろん国内にもいいところはたくさんありますよ。

ご自身について教えて下さい

 ずっと因島にいるのでいろんな役を任されるんですが、 人のお世話をするのは嫌いではないので、この仕事があってるんじゃないかなと思います。広島マツダ㈱に2年勤めていたのですが、あるきっかけで20歳のときから日立造船ツーリストで20年勤めて、40歳のときに独立して8 年目になります。転勤もなくずっと因島で仕事ができるのは本当にありがたいことです。

大変なことはありますか??

 人口が減っていくこと。シーズンとシーズンオフの差が激しく、これから夏に向けてがピークです。忙しいときは猫の手もかりたいほど。忙しいことはありがたいことなんですけどね。平日18時までが営業時間で日・祝がお休みなんですが、営業時間外でも電話をかければ私の携帯へ転送されるようになっています。すぐ答えられることと機械を使わないとわからないこともありますが、アドバイスはすぐできるし、いつなんどきどんなことがあるかわからないからです。お客さんに迷惑はかけられないので、365日24時間気を抜けないことが一番大変なことですかね。それが大手にはできない零細企業のサービスかなと思います。決められた時間だけでなく24時間いつでも対応できるようにすることがサービス業の仕事だと思います。とは思うけれども、それを実際にやっている今はそれが一番大変。でも人のために何か役に立った時、「ありがとう」の言葉が嬉しいのでやめられないんです。

趣味など・・

 趣味はゴルフ。会議所のゴルフ同好会や銀行、せとうちライオンズなどで行っていますがプライベートで行くのはほとんどなくなりました。あとは学生の頃からやっている野球、と言っても5年以上やっていないので野球観戦のほうですね。麻雀も月に1、2回するんですが、ストレス発散になります。

因島について

 何をするにしても人口を増やさないとどうにもならない。法務局がなくなり、安定所がなくなり、唯一今年の7月1日から総合支所でパスポートの申請ができるようになったことはよかったのですが、財政のことになると我々にはわからないし合併してよかったと実感することはあんまりないですね。日立会館の中で20年勤めていたので取壊しになったときはショックでした。今後サティが撤退すると車がないお年寄りは困るので、会議所が何か誘致したりして因島を元気にしてもらいたいです。

今後の目標とは?

 尾道から今治までのしまなみ地域で一番になること。この人口で旅行会社なんて普通は成り立たないが、皆さんのおかげでここで仕事ができる恩返しと思ってやっています。
因島周辺の島嶼部の方たちが、この会社がなくなったら困ると言ってもらえるような会社になりたいです。そのためにはみんなに親切に、ここへ来たらなんでもしてくれるよと頼られ、大手ではできない細かいアットホーム的な対応でがんばります。

最後にお友達を紹介して頂けますか?

㈱大西組の大西謙治郎さんを紹介します。大西さんがせとうちライオンズクラブの会長をしていたときに、私はサポート役の幹事をしていました。包容力があり、リーダーシップのとれる方です。

■ITMツーリストサービス の会社概要・お問い合わせはこちら!

会員インタビュー   所報INNOSHIMA