因島商工会議所 : 会頭のご挨拶

logo.png

111

0845-22-2211

HOME > 商工会議所について > 会頭のご挨拶

会頭のご挨拶

基本方針

murakamiyuji.jpg
因島商工会議所
会頭 村上祐司

  IMFは2019年の世界経済見通しを安定した経済は継続するとしながらも、一部の主要国では成長率がピークに達した可能性がある他新興国の成長が減速する国もあり経済成長には更なるばらつきがあり、下振れリスクが高まっているとした見方をされています。国内においては、輸出・生産は伸び鈍化が予想されるものの雇用、所得環境の改善による内需の前向きな循環を背景に本年も緩やかな景気拡大持続を予想するが、10月からの消費税引き上げの影響によりやや成長が減速するものと見込まれます。因島地区においては、基幹産業である造船は新造船が先2年分程の受注残があり、修繕船においてはバラスト水処理装置の設置期限が2年延長され、最大7年の搭載猶予になり、仕事量としてはほぼ前年並みに推移するものと思われます。商業においては依然と少子高齢化・消費の流出は続いており厳しい状況に変化はありません。空き店舗・大型店・後継者対策等問題は山積していますが、良き打開策を検討しています。又最近ではキャッシュレス決済が問題化しており将来に向け対応を急いで取り組みます。観光ではしまなみ海道・日本遺産(村上海賊他)を観光の要とし観光客の誘致を図り活性化を目指します。