因島商工会議所 : 会頭のご挨拶

logo.png

111

0845-22-2211

HOME > 商工会議所について > 会頭のご挨拶

会頭のご挨拶

基本方針

murakamiyuji.jpg
因島商工会議所
会頭 村上祐司

  IMFは2018年の世界経済は実質GDP成長率を前年比3.6%と予測していて、拡大基調を維持するものと考えています。わが国の情勢としては輸出がやや減速するものの官民あげたオリンピック需要が本格化すると見込まれることから内需が堅調に推移すると思われます。当因島地区は基幹産業である造船は新造船が先2年半分の受注があり、修繕ではバラスト水処理装置設置義務の延長により受注がやや先延ばし気味だが総合的にはは前年並みに推移すると思えます。商業面では消費・若者の島外流出、大型店の進出により厳しい状況は続いていますが、当所としては日本遺産村上海賊の積極的なPRにより観光客の誘致を図ります。又2021年に完成する岩城橋により通行量が増大する長崎桟橋周辺の整備・開発を上島町と共に検討して行き、計画が進行すれば商店街の方々の積極的な参加を期待します。又懸案であるフラワーセンターの活用については地域に密着したベストな案を早急にまとめ具体的に進めてゆきたいと思います。地域を伸ばし企業を育てる商工会議所として本年も果敢に取り組んでゆきます。